とらすず日記

訪れた日本のおすすめ場所や観光地などの旅情報を発信

鉄印旅【阿仁前田温泉~角館~盛岡】

鉄印旅(東北・函館編⑦ 3日目 2/2)
阿仁前田温泉~角館~盛岡

~2021年4月24日(土)~

12:30
阿仁合駅から阿仁前田温泉駅に到着。




2021年3月13日に阿仁前田駅から駅名を改称。
ここは、温泉付き駅舎「クウィンス森吉」があり、列車を降りてすぐ左には温泉入口の扉があります。



今回は、のんびり秋田内陸縦貫鉄道を旅しているのでここで折り返しの列車まで温泉に入ることに。
入口を入るとフロントが真正面に。入浴料500円。



脱衣所などは普通の銭湯の感じ。
浴場は石のタイルが敷かれた広々な空間に大浴場と小浴場の湯舟があり、この日使用中止だった露天風呂も屋外にありました。
12時半過ぎから13時頃まで入っていましたが、地元民らしき方が6-7名いました。
人気のある温泉かと思います。

<脱衣所に掲載されていた温泉の成分など>


浴場内に時計らしきものが気付かなかったので、列車に乗り遅れないように気にして15分ほど前には温泉を出て、駅前をチェック。



立派な建物で、頻繁に車で来られる方が見えました。

13:16
阿仁前田温泉駅から阿仁合行きの列車に乗車。
乗車は、もうひとり軽装な風呂上がりの中年女性がいて、阿仁合駅へ。



13時31分、阿仁合駅に到着。
ここから始発の角館行きに乗換。

13:43
阿仁合駅から2両編成の角館行列車に乗車。
土曜日とあって10名以上の乗客が居た感じです。



15時10分、秋田内陸縦貫鉄道角館駅に到着。
角館駅前にはそれなりに観光客らしき人が10数名ほどいました。

ここから田沢湖線で盛岡へ向かいますが、乗換時間15分。
駅前にある蔵造り風の観光案内所・仙北氏観光情報センター「角館駅前蔵」に立ち寄りすぐにJR角館駅へ。

15:25
JR角館駅から盛岡行普通列車に乗車。



秋田新幹線なら盛岡へ早く到着しますが、特急券が必要なので普通列車に。
普通列車15:25発は、盛岡16:56着。
・こまち34号東京行き15:51発は、盛岡16:48着




16:22-16:37
雫石駅に15分間停車。



ここで列車交換(行き違い)などで15分止まっているので一旦駅外へ。
特に何もなく、1日4本・往復8本の新幹線が停車する駅にしては閑散としていました。



16:56
定刻に盛岡駅に到着。



駅の違うホームには、見慣れない車両が停車。



快速「ジパング北上展勝地桜」
運転日
2021年4月17日(土)、18日(日)、24日(土)、25日(日)、29日(木・祝)、30日(金)
運転区間
2号が盛岡(9:46発)~一ノ関(11:09着)
1号が一ノ関(11:22発)~盛岡(12:42着)
4号が盛岡(13:02発)~一ノ関(14:23着)
3号が一ノ関(15:28発)~盛岡(16:52着)
485系4両「ジパング」編成で運転。一部指定席。)


盛岡駅に到着後、翌日のフリー切符を購入し、ホテルへ。



この日の宿泊先は、「盛岡ニューシティホテル」。


~盛岡ニューシティホテル~

<連泊>
税込6,900円・支払額6,700円
(クーポン100円、100ポイント 計200円使用)
<プラン名>
【★現金特価★素泊まり】ランドリー完備!加湿空気清浄機全室完備!
 (予約先:楽天トラベル)



部屋は、6階605号室から3階308号室へ。
チェックイン後、Wifiを接続するも全く繋がらず、数十回しても接続後すぐに切断される状態。
夕食で外出する際、フロントにこの旨を伝えると「沢山の方が同時に使われると接続が悪くなると…」返答。
17時半過ぎ、6階フロアーでどれ位の宿泊者がいたか知りませんが、連泊でこの状態ならと言って外へ。
再度、戻ってくると3階308号室が用意されていましたが、こちらもあまりWifi環境が良くないですが、接続できない状況でないのでこちらに変更。
廊下にあるアンテナの角度を変えたなど従業員は言っていましたが、6階で再度チェックしても変化がなく3階へ移動しました。
(コインランドリーも中2階と書いており、探しても分からず、1階のフロントで宿泊棟の反対側の建物にあり、いちいちフロント前に洗濯・乾燥を通るのは嫌でした。)


18時すぎ。
ホテルを一旦外出し、少しまだ明るいので盛岡城跡まで歩いていくことに。



城跡を登ると何かの土台があるだけで、反対の出口から城跡を出ると堀沿いに開花中の桜が咲いていました。



その後、駅方面に戻りホテル近くの盛岡冷麺で有名なお店「ぴょんぴょん舎」へ。
注文は、盛岡冷麺(辛さ・中)。価格935円。



時間は、19時を過ぎ受付では10名・3-4組の人の行列。
大きなお店は2階まであり、10分ちょっとで2階の大きな回転テーブルに。
麺のこしがあり、歯ごたえたっぷりでこれだけで十分な量でした。



食事を終えて、5分ほど歩いたところのホテルへ。

*****
<2021年4月24日移動履歴>
Google履歴より)



<鉄印旅(東北・函館編)3日目終了>